スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で一番売れているエアフレッシュナー「リトルツリー」

おなじみのリトルツリーに新しい香りが入荷しましたので「まじめ」にPOPを書いてみました。


ライド

ハードなデザインがぐっときます。


ライドpop














シダー

気持ちが落ち着くシダーウッドの香り。

シダーpop
















ホワイト

なんでなかったんだろう?意外となかった、洗いたてのさわやかな気持ちいい香り。

ホワイトpop
















ローズ

これもなんでなかったのか不思議、美しいローズの香り。

ローズpop















レザー

高級車の革張りシートのリッチな香り。

レザーpop












最後。

ブラックアイス

こちらは新しい香りではありませんが、ブラックアイスのビッグサイズも入荷しました!

ブラックpop


あっ!いつの間にか「まじめ」じゃなくなってる!
スポンサーサイト

右と左のデザインが違う、かわいいソックス「2co1(ニコイチ)」!!

2co1_2nd.jpg

2co1pop.jpg

言いたいことがが多すぎて、

結局なにも伝わらないというか…

心にズドンッ!と来ません。

















ダサい靴下

やっぱ開店当時からある、

こっちの方が好き。




私の場合、座敷に上がるときに限って

靴下に穴があいてるんですが…(実話)

あれ、なんでなんでしょうね。



あなたなら、なんて書く?

骨や筋肉の位置、押す角度が描かれているのでとてもわかりやすい!「ホントのツボがちゃんと押せる本」

ツボがちゃんと
















最近また体が悲鳴をあげてきたので、

この間の定休日に人生初の鍼灸院に行ってきました。

鍼灸1











あんな細くて尖ったもんを刺して、なぜ様々な症状が治療されるのか?

そして、なぜ針を刺してそんなに痛くないのか?

さらに言うと、あの先生は針を刺すときちょっとうれしそうなんじゃないか?


鍼灸2












さまざまな疑問と謎は深まるばかりですが、

首から腰にかけての、ハリとコリが大分ラクになりました。

保険もきいてお財布にもやさしい。時間もそれほどとられません。

怖がりの私があんな「ヘルレイザー」のピンヘッドばりの姿になるとは、若いころは思ってませんでしたが

老体に鞭を打って働くわたし。背に腹はかえられません。

また行ってみたいかも。

鍼灸3

画像はフィクションです。





















ヘルレイザー

あ、ピンヘッドってこの人ね。

「プルバック戦車のおもちゃ」戦争は嫌いでも、武器は好きな男の不思議。

戦車

お子様にも



お父様にも



地味に食いついていただけるだろうと仕入れた戦車。



先ほどさっそく



3才くらいの男の子が



夢中になって遊んでたので



「ふっふっふ、かっこいいだろぉ坊主!」



と、したり顔でのぞきこんだら…



雰囲気づくりのために裏で拾ってきた



石のほうで遊んでた…
ただの石


石をふたつ「カチーン!カチーン!」ってぶつけあって、笑顔で遊んでた…。



小さいお子さんには、そっちの方が魅力的なのねっ!?



…まだ子ども心をつかめていない私なのでした…。

今後のビジネスメモのスタンダード「アメリカンコミックメモ」

アメコミメモ
アメコミメモpop


仕事が楽しいものだと教えてくれたのはヴィレッジヴァンガードの菊地(元)社長だった。

ヴィレッジヴァンガードに出会わなければ、

この歳になっても親のすねをかじってるとか、

仕事に行くふりをして、ショッピングセンターをウロウロしてたりとか、

とっくに自殺してたりとか、

そんな人生だったんじゃないか、とさえ思う。

それくらいどんな仕事も一生懸命取り組むことができなかったから。

だから、つねづね菊地社長は私の命の恩人だ、と思っている。



ヴィレッジヴァンガードに在籍時代それくらい想いがあったので、

菊地社長に会うたびに「2ショットの写真」を撮ってもらいたくてしょうがなかったが、

(会社が大きくなって、間近で会う機会は少なかった)

緊張してというか、恥ずかしくてというか、

一度も言いだすことができなかった。

ヴィレッジヴァンガードで10年間働いて、心残りがあるとすれば、それかもしれない。
(それ!?)





その時、私がよく自慢げに言ってた言葉。

「(当時人気の)モーニング娘のメンバーと2ショットを撮るか、社長と2ショットで撮ってもらうか、どちらを選ぶ?と言われたら、俺は迷わず『社長!』と言う!」

う~ん、全然うまくないし、おもしろくな~い!
(モー娘ファンの方ごめんなさい)

函館方面で数少ないojaga designオジャガデザイン取扱いのお店でしたが。

ojaga.jpg
ご好評をいただいておりましたオジャガデザインですが



函館の某雑貨屋がメーカーに働きかけ



当店にオジャガデザインの商品を仕入れできないようにされてしまいまして、



再入荷が出来なくなってしまいました…。



そのためオジャガデザインとの関係に問題は全くなかったのですが



新たにオジャガデザインを仕入れることが出来なくなってしまいました。



再入荷をお待ちいただいておりましたお客さまには



わたくしの力不足で、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。



何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。



なお上の写真にございます、



メーカーではもう生産していないレアモデルは



売り切れるまで引き続き販売いたします。



お探しのお客様はよろしくご検討お願いいたします。












これにめげずに、また楽しい素敵な商品を探してきますので


今後ともよろしくお願いいたします!











最後にひと言いいですか…

















くやしいです
悔しいです!

(見苦しいな…)

石でできたちっちゃいネコの置物。

ネコムジ
石でできたちっちゃいネコの置物。









さて、私はどのようなPOPをつけるでしょうか!?










ネコ1









「えーっ!!こんなん裏庭に落ちてんのん!?」










ブブーッ!









新人バイトにありがちなPOPですねー。










ネコ2









「えぇーっ!!1個作るのに何時間かかんの!?」










ブブーッツ!










ツッコミがいないと笑えませんねー。









正解は…


















…店頭で!(笑)









あ、別に笑いをとりにいってないので…ご了承を。(←逃げ腰)










あなただったら、なんて書く?

「ファミコンの思い出」最近同じようなネタで、若者のみなさんごめんなさい

ファミコンの思い出

・待望のファミコン本体を買ってくるはずが、お父さんがファミリーベーシックを買ってきた。
・トイレに行こうとしたらコードが足に引っ掛かって強制リセット。
・一生懸命挑んだ裏技が全然うまくいかず、翌週ウソ技と判明した。
・魔法使いにつけていたのは好きな女の子の名前。
・ポテトチップスを食べた手でコントローラーを触られるのが気になってしょうがない。



あなたはいくつ共感できましたでしょうか?

1つ以下→親も喜ぶ立派な社会人です。


3つ以上→ゲームの話になると急にしゃべりだす癖があります。気をつけましょう。


5つ全て→そろそろちゃんと大人になりましょう。

そろそろ、ちょっと覚悟しておこう。「サブカル・スーパースター鬱伝」

鬱伝



大槻ケンヂの話は共感できすぎて怖い。



菊池成孔の話は強烈すぎて怖い。



みうらじゅんは鬱には絶対ならなそうで…逆に怖い。(笑)

正直 大人になるまで完読できなかった、人生を変えるトラウマ漫画「漂流教室」!

漂流教室

最近、楳図先生をバラエティ番組でちょいちょい見るけど


扱いが「ぞんざい」すぎ!


巨匠だぞ!


「漂流教室」だぞ!


「まことちゃん」だぞ!


「14歳」だぞ!




いや、「笑ってはいけない」シリーズはいいんよ。


私の中では。


あの番組では「あの偉大な楳図先生が!こんな扱いを!」


っていう図式を成立させた上で笑いにして、


ちゃんと消化させられてると思うので。




問題は、たぶんそれを見て「使える!」と勘違いした他の番組。


楳図さんをただの「なんかおもろい変なオッサン」扱いで使ってるもんなぁ。


悲しい!


私と同年代のベテランアイドルや


私と同年代の司会者が


軽くあしらってるのを見ると


本当にガッカリするね。


「同年代やのに、お前ら絶対に楳図作品を読んでへんやろ!」ってね。


もうちょっとリスペクトした上で楳図先生をいじってほしーの!




でも、


しょこたんと一緒に出演してた時


しょこたんですら楳図先生を手に負えてなかったから(笑)


しょーがないのか…。







ちなみに、私のTシャツ。
楳図T
「オッサン、はずかしいよ」って!?

だいじょうぶ。たまにしかこの格好で出かけないから。

(たまに出かけんのか!)

サバラ!
MENU
プロフィール

くちびるメガネ店長

Author:くちびるメガネ店長
本を読まない人のための本屋
「wonderful world!」
北海道北斗市七重浜4-39-1
0138-48-5201
営業時間 12:12~23:23
定休日 火曜日
books,music,gadget,
apparel,junkfood
…and more!

こちらのサイトには、
つまんない表現が
多数ございますが
「くだらない!」という
苦情はうけつけまてん。

月別アーカイブ
ただ今の信者数
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。